高山病 症状 対策方法

事前に知っておきたい高山病の症状と対策方法

みなさんご存知のとおり、富士山は標高3776メートルと日本で一番高い山で地上とは異なることが大変多くあります。

登り始めた時には元気でも、山頂が近づくにつれて、「なんとなく頭が痛い」「吐き気がする」といった症状に襲われることがあります。

実はこれが高山病と呼ばれるものなのです。

高山病の主な症状は、頭痛と嘔吐、そして呼吸困難があります。

頭痛についても頭が少し痛いと感じる程度の人と、頭が非常に痛く動くことが出来ないと感じる人もいます。

一般的に登山病が起こる原因は、気圧が低いことによって空気中の酸素量が低下して、酸素不足になることと、乾燥によって身体の水分が不足してしまうことによって起こります。

実は登山者の約半数は軽度の症状を含め、登山病の症状が起こると言われています。

高山病を予防する方法としては、まず呼吸をしっかりと深く行い、水分は必ずたっぷり摂るようにします。特に、女性はトイレのことが気になって、水分を控えてしまうことも多いそうなので注意するようにしましょう。

登山のスピードはゆっくりと登り、登山中が身体を冷やさない事、睡眠不足や体調が悪いという状態では決して登らない事などが重要です。

中には仕事帰りにバスで登山口に駆けつけ、夜登山をしてそのままご来光をと考える人もいますが、これはかなり無謀なことなので真似しないようにしましょう。

富士登山 現地レンタルできる人気のお店

富士登山レンタル

 

サイトマップ